こんな悩みでお困りの方へ。

冷え性の方

一般的に、体温が36.5℃以下だと低体温に分類され、日本人の約半数が低体温であると言われています。
自覚していない方が多いのですが、低体温の主な原因は血液の流れが悪いことです。さらに、血液の流れが悪いことで、筋肉が細くなり(または固くなり)、肩こりや頭痛が引き起こされるのです。

実は、人間が人間としてきちんと機能しようと思うと、36.8℃は必要です。体温が低いと免疫力が低く、体調が悪くなったり、疲れやすい体質になっていきます。さらに、免疫力が低いと腸の動きが弱くなり、便秘の原因にもなるのです。
体温が35℃代の場合は、ガン予備軍とも言われており、何かしらの機能が下がっている状態なので、特に疲れやすく、不調の出やすい身体といえます。

  • 全身の血液の流れを良くしていく

    お手入れをすると、血液循環が良くなり、体温が上がってきます。
    体温が上がることで免疫力が高まり、便秘や花粉症の改善にも繋がります。

  • 固くなった筋肉を直接ほぐしていく

    肩こりは筋肉の緊張から起こるので、筋肉をマッサージで直接ほぐしていきます。
    また、頭痛は肩こりからくることが多いため、筋肉がほぐれて肩こりが改善されることで、頭痛も自然と治っていきます。

もともと昔から冷え性という自覚のある方は、「自分の体質だから直らない」と思っている方も多くいらっしゃいますが、時間をかけていけば必ず改善されていきます。
「昔はそうでもなかったけど、社会人になってから冷え性になった」という方は、生活環境が原因かもしれません。
お手入れ以外にも、食べるものや日々の習慣、職場の環境などを見直すことで、大きく改善される可能性があります。

  • 5回~10回ほどのお手入れで、冷えの改善を実感できます。
  • 自分の身体が温かくなるので、冬にカイロを使っていた方が、使わなくても良くなっていきます。
  • 便秘でお悩みの方が、下剤を飲まなくても自然に排便できるようになります。
  • 血液やリンパの流れがよくなり、筋繊維がほぐれて肩こりが改善されます。
  • 汗をかくようになります。
グランソレイユのこだわりポイント 〜冷えや肩こりなどのお悩み編〜